走行距離と査定額の関係

MENU

走行距離と査定額の関係

乗っている車を中古車として売却しようとする際に、車査定を行いますが査定額というのはそれぞれの車の状況によって違ってきます。その中でも影響を受けやすいのがその車の走行距離になります。走っている距離が長くなるほど車の買取価格は低くなります。つまり中古車としての価値も下がってしまうのです。

 

よく走行距離が10万キロを超えてしまった車は買取が難しくなるという話もありますが、実際には車査定には距離だけの判断ではなく、車の状態や年式や車種によっても価値が変わってきます。とても長い距離を走った車であっても、状態が良い車でしたらそれなりの買取価格がつくこともあります。

 

距離だけでは判断出来ないのは、それぞれの車の年式があり、年式がさほど古い物でなければ他の状態も良好で買取価格はそれなりに高くなる可能性もあります。年式は古くなるにつれて経年変化の影響で車自体の価値も下がってしまいます。

 

またその車に不足しているパーツなどが車査定の価格を上げるということもあります。走行距離の長さで査定額がマイナスになっても、その車のパーツなどがプラスに働いて、良い買取価格になることも考えられます。このことから車査定で影響が強いのは走行距離になってきますが、判断基準はそれだけではないということ。その車の全体的な状態から査定額が決まるので、一度自分の車を見てもらって査定を受けてみると、どれくらいの買取価格がつくのかが分かるようになります。

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<