軽自動車 高額査定

MENU

軽自動車を高額な査定額にする方法

このサイトをご覧になっていただいている方の中には愛車が「軽自動車」だと言う方もいらっしゃると思います。オーナーの方であれば、ご存知の方も多いとは思いますが、軽自動車は普通車に比べ、一般的に高額査定が出にくいと言われていいます。
けれど、例え軽自動車であっても「一括査定」の活用など、売り方によって高額査定を実現できる方法もあります。

 

「軽自動車だって高く売りたい!」そんな、軽自動車のオーナーの方のために高価で買い取りしてもらう方法をマトメてみました。
「一括査定」「店頭買い取り」いずれにせよ、知識として知っておいて損はないと思いますので、よかったら参考にしてみて下さい。

 

≪中古車を高額な査定額にする方法≫

1.年度内、すなわち2月下旬~3月上旬に売るコト

車買い取り業者は、通常年度末の3月に自動車の種枠(例えば「軽自動車」「1BOX」等…)を選定して買い取りを強化するとも言われています。
メーカー系の新車販売店を初め、3月は販売各社が決算時期(販売の追込み=値引き率が上がる)であることは世間的に常識であるため、お客さん側も購買意欲が高まります。
そのお客さんの購買意欲の高まりと共に、新車・中古車の動きが活発になります。

 

そして「一括査定」サービスもそれに呼応するカタチで、いっきに忙しくなります。
実際、中古車のオークションが1年で最も活発な時期がこの時期にあたります。
しかしながら中古車も瞬間的に売れていく訳ではありません、販売までのタイムラグが自然と発生します。つまり3月中旬以降は需要と供給のバランスが逆転、車の高価買い取りが難しくなるのです。
ですから車を売るなら、2月下旬~3月上旬に売るのがベストと言えるでしょう。

 

ただし闇雲にこの時期まで車の売却を待つと、査定額が下がる可能性も出て来ます。
越年することで愛車がより高年式化する恐れや、車検満了期間が終了したり短くなったりする可能性があるからです。
また市場は常に流動していますので、「今この瞬間」がベストな売却時期かもしれません。
中古車を高く売りたいなら、まずは「一括査定」サービスを利用して、愛車の査定を受けて見ることをおススメします。

 

2.キレイに洗車してから査定を受けるコト

キレイな車とそうでない車とでは、査定する業者の車に対する印象が全く異なります。
「でも洗車するとボディの小キズが目立つのでは…?」と思ったアナタ!
プロの目はそんなに甘くはありません、汚れで小キズをカモフラージュすることは、できないと覚えておいてください。洗車の一環として市販のワックスやコンパウンドなどを使うと、小さなキズであれば落とすことも可能です。
車の美しさは査定者の心象にも影響するので、必ず洗車は行いましょう。

 

3.掃除はボディだけでなく車内も行うコト

もしあなたが他人の車の査定員だとして、車のドアを開けると「くたびれた人形」や「アクセサリー類」が一杯あり、余計な荷物類も満載で、車内がステッカーやシールだらけだったら、どのように思いますか?それもドロ汚れがフロアーマット一杯に付着していたら…
果たして高額の査定を出すでしょうか? 
査定を受けるなら、余計なモノは車内から可能な限り降ろし、出来る限り掃除をしましょう。車内がヨゴレていて、余計なモノが残っていると、査定が難しいだけでなく、査定額の低下にも繋がります。
あと、可能な限り「香水」「タバコ」の臭いも取り除く努力は怠らずに!

 

4.ヘコミ・キズなどの修理は行わないコト

「エッ?! さっきと矛盾するじゃないか!」と思われるかもしれませんが、修理は査定の前に出さないでください。「洗車」と「修理」は本質的に違うモノ!その違いは、金額です。
例え、板金修理を施してヘコミ・キズを修復したとしても、その金額が査定額に還元されることは、まずありません。
しかし洗車に伴う、市販のワックスやコンパウンドを使った小キズの修復作業は十分に試す価値アリです。
今あるキズが「タッチペン」など、補修剤が必要な程度のモノなら、直さないでおきましょう。

 

5.例え車検が切れていていても受けないコト

出来れば車検期間がわずかでも残った状態で、売却することが望ましいのですが、これも4番の「修理しない」項目と同意義で、あえてお金を出して車検を受ける必要はありません。なぜなら査定額に「車検費用」が上乗せされることはないからです。とは言え、車検期間が無いよりも有る方が査定に有利であることは間違いありません。
もしあなたが愛車の売却を検討されていて、車検がわずかでも残っているのなら多少の無理を冒しても、早急に査定を受け売却されることをおススメします。

 

6.事前に売却に必要な書類は揃えおくコト

査定を前に「この書類が必要です」と教えられて、慌てないようにしましょう。
特に車検の満了間近で査定を依頼して、納得の査定額が出たにも関わらず売却に際して、書類の不揃いや用意の遅れにより車検期間が終了してしまった… 
なんてことになれば、本当に勿体ない!

 

因みに、車の売却に必要な書類は以下の通りです。

 

(普通自動車の場合)
・車の取扱説明書
・定期点検記録簿
・保証書
・自動車検査証(車検証)
・自動車納税証明書
・印鑑証明書(出来れば実印も)
・自賠責保険証
・住民票
・リサイクル券など

 

(軽自動車の場合)
・車の取扱説明書
・定期点検記録簿
・保証書
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書
・軽自動車納税証明書(軽自動車の場合)
・リサイクル券など

 

ここに挙げたのは、車の査定に必ずしも必要な書類ではありませんが、売却となると必ず必要になるモノです。
後に憂いを招かないためにも、必ず用意しておきましょう。

 

7.車に関するマイナス要素は正直に申告するコト

車を査定に出すときは、愛車のマイナス要素は包み隠さず全て申告しましょう。査定する人は車のプロ、修理・修復・事故歴は調べればすぐに分かってしまいます。
後々になってマイナス要素が分かるよりも、正直に申告した方が印象も良いですし、返って査定額の減額も少なくて済むこともあります。

 

8.必ず複数の車買業者に査定を依頼するコト

車買い取り業者にも、扱い車種による得手不得手があります。ですからすべての買い取り業者が、「軽自動車の扱いが得意!高級車はおまかせ!商用車も大丈夫!!」と言う具合には行きません。またメーカー系のディーラーなどは、自社系列以外の車の扱いが不得意な場合もあるかもしれませんよね?
このように同じ車であっても査定する業者によって違いあるため、査定額もマチマチ。
最低2~3社からの査定を受け、比較検討したいものです。
そこでおススメなのが「一括査定」サービス!
もし、どこの「一括査定」サービスに申し込んだら良いのか分からないと言うのなら、カーセンサーnet・ガリバー・カーチス・カービュー・楽天オートなど、登録業者数も多く入力も簡単な「一括査定」サービスがありますので、気軽に活用して見てはいかがでしょうか?

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<