MENU

車を査定してもらう際に知っておくべき基本

現在乗っている愛車を手放す場合、少しでもお金になればと誰もが思うでしょう。
車を査定してもらう場合、「買取り」と「下取り」の2つの方法があることをご存知でしょうか?

 

どちらも同じように思うかもしれませんが、その手順に大きな違いがあるのです。
ここでは、買取りと下取りの違いについて詳しく説明をしていきますので、ご自身の状況に合わせてどちらがいいのか選択をするようにして下さい。

 

買取りと下取りの違いとは?

買取りというのは、車の買取りを専門的に行っている業者に査定をしてもらって、納得のいく額であれば売るというもので、下取りというのは、車の販売を主に行っているカーディーラーで査定をしてもらい、新しい車を購入することを条件に現在の車を買い取ってもらうというものです。

 

つまり、新たな車を購入するしないにかかわらず車を業者に売ることを買取りと言い、車を買い換える際にディーラーなどに代金の一部として渡すことを下取りと言うのです。

 

愛車を少しでも高く査定してもらいたいという思いを皆さんお持ちだと思いますので、買取りか下取りかどちらの方が高い査定額を出してくれるか気になるでしょう。

 

一般的には、ディーラーで行われる下取りよりも買い取り業者で行われる買い取りの方が、査定額は高くなると言われています。

 

高く愛車を売りたいのであれば、買取りの方がいいのかもしれません。
しかし、新しい車に乗り換えるといった場合は、下取りをしてもらうと新車の価格をプライスダウンしてくれるなどのサービスがあるかもしれませんので、状況に応じてどちらがお得かが変わってくるでしょう。

 

以下に買取りと下取りのメリット・デメリットを紹介しておきます。
車というのは購入価格も売却価格も高額なものですので、メリット・デメリットを把握して損がないようにしたいものです。
自分の状況では、買取り・下取りのどちらがいいのか、見極めて下さい。

 

買取りのメリットとデメリット

(メリット)
・人気車種や装備が査定価格に反映されやすく、高額買取になる可能性が高い。
・1度に複数の買取業者に査定を依頼出来るので、納得のいく業者で売却をすることが出来る。
・車の売却先で新しい車を購入しなくてもいい。

 

(デメリット)
・査定が流行に左右されやすく、タイミングによって買取価格が大幅に下がることもある。
・年式や走行距離によっては、買取りをしてくれないこともある。

 

下取りのメリットとデメリット

(メリット)
・車の売却と購入を1つの店舗で完結出来る。
・下取りすることで購入する新しい車の価格が下がることがある。
・年式や走行距離の条件が悪くても、値段を付けてくれる可能性が高い。

 

(デメリット)
・車種や装備によって査定額が左右されにくい。
・複数社に査定を依頼することが出来ない。
・買取り店の査定額に合わせてくれない。
・下取価格の比較ができない

 

人気車種でオプションをたくさん付けている車、次の車を購入する予定がないという方は、買取業者に査定を依頼する「買取り」の方がいいでしょう。
新しい車をすぐに購入予定の方は、現在の車の車種や年式、走行距離の状況に応じて「買取り」か「下取り」かのどちらかを選択しなければなりません。
以下に買取りの大まかな流れをご紹介しておきますので、参考にしてみて下さい。

 

車の買取を行う場合の基本的な流れ

車の売却を行う場合、「査定依頼」「車査定」「契約」と大きく3つの手順を踏んでいく必要があります。
車を少しでも高く買取りしてもらうためのポイントも紹介しておきますので、参考にしてみて下さい。

 

・買取業者に査定依頼をする

車の売却を決めたら、買取業者に査定依頼の連絡を入れます。
買取業者によって査定額が大きく変わることもありますので、複数の業者に査定依頼を行うようにしましょう。
インターネットの車買取サイトには、複数の業者に一括で査定依頼が出来るようなサービスがありますので、有効的に活用をして下さい。
車種やグレード、年式がはっきりしていれば、査定依頼をした段階で査定額のおおよそを教えてくれるような業者もあります。

 

・車査定を行う

査定額を正確に出すには、実際にその車の状態を見る必要があります。
店舗に行って車を見てもらうか、自宅に出張査定に来てもらうかのどちらかになるのですが、買取業者の方とのスケジュールの兼ね合いなどで決めるようにして下さい。
車としての機能の状態はもちろんのこと、外装や内装といった見た目の部分まで査定員はしっかりとチェックを行います。
少しでも車が良く見えるように、事前に洗車をして綺麗にしておくようにしましょう。
車を大事にしているということが査定員に伝われば、査定額が上がる可能性は大いにあります。

 

・売却の契約を交わす

複数の買取業者に査定をしてもらって納得のいく査定額を出してくれた業者が見つかったら、売却の手続きに入っていきましょう。
印鑑証明書や自動車検査証、自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったさまざまな書類が契約時には必要になりますので、スムーズに契約を行うために事前に準備をしておくようにしましょう。