車売る時の査定項目

MENU

車売る時の査定項目

車売る際には、実際にその車をいくらで買い取ってもらえるかの査定を行い、その金額に対して納得した上で売る場合がほとんどです。その為、査定の金額に納得できない場合には売らずに他の業者に依頼することになるか、若しくは下取りに出すという事になります。但し、自動車の査定に於ける項目はほぼ決まっており、その項目を元に評価して車種ごとの相場もある程度決められているものです。従って、その項目を把握しておき、予め相場を把握しておくことで出来るだけ高く売るための準備を行うことができ、より高く売ることが出来る様になります。

 

この項目はいくつかありますが、もっとも大きく影響するのが車種と年式と走行距離と言われています。車種はその時々により中古車市場で人気の有る車種が有ります。この車種は当然ながら中古車の在庫が少なく、多少高額であっても購入したい人が多いため、当然その価格も高額になることから買取価格が高額になるものです。

 

さらに、走行距離による影響も非常に大きいものです。概ね走行距離が長いほどその価格は低くなります。車は消耗品であるため走行距離が多い車ほどその寿命に近付いていると思う人も多いものです。

 

同様の理由で、年式に於いても車の状態を客観的に考える一つの指標として、年式が古いほど様々な部品が傷んでいること、さらにキズや塗装の状態も年式が古くなってしまうと傷んでくることが多いことから、年式の古い車の買取相場は特段の理由が無い限りは比較的安い費用で販売されていることが多いものです。

 

しかし、実際に買取価格を決める場合にはこのほかにも様々な要因が有ります。その一つは装備に関することです。
例えば様々なオプションを取付けこれも一緒に売却をすることでより高額になると考えている人は多いものですが、実際にはそのようなことは殆どありません。これはオプションがその車種本来の美しさを引き立てるのではなく、減点させていることが多いからです。

 

車売る際にプラスとなるオプションは、主に純正と言われる、その車を製造した会社が提供するカスタムパーツを装着している場合です。この場合には最もその車種に合ったものを販売する傾向が有ること、またデザインに於いても車を引き立て且つ安全性能を向上させるメリットが有ることから、純正のオプションは買取価格がアップする可能性が高いのです。

 

逆に、社外品と言われるいろいろなメーカーから発売されているパーツを取り付けている場合には、そのパーツが付いていることによるプラス評価は基本的に望めないものです。これは車のオーナーの好みであり誰もが欲しがるものではないこと、さらには純正品では無い為車に悪影響を与える可能性が有ることも否定できないため、中古車市場ではこれらのオプションは余り評価されないことが多いためです。

 

また、中古車の相場事情に於いては特定の車種が非常に高い値段で取引されることが有ります。これは中古車市場で様々な要因から人気が高まり、中古車の総台数と、この車種の購入を希望する人の数との兼ね合いで価格が変動します。実際にスポーツの世界で新車の際には高価だったのに、中古車に於いて新車時の購入価格の安い物が高値で取引されていることも少なくないのです。

 

更に査定の際には、内装の状態を細かくチェックすることがあります。特に禁煙車と喫煙車は大きくその価値が異なるものです。車の中で喫煙するとその臭いが内装に付着し、なかなか取れにくい物となってしまいます。さらに、煙草の焼け焦げがシートに残っていたりするとその部分も大きな減点の対象となるため、買取価格が安くなってしまう要因となります。また、エアコンに臭いが付着してしまうことも多いため、車買取に於いては、禁煙車かそうでないかは比較的大きな要素となっているのです。

 

その為、車売る場合においてはこれらの条件を満足できるような準備をしっかりと査定前に行っておくことが大切になります。まず第一に売却したい車の車種の相場についてしっかりと把握しておくことが大切です。最近ではインターネットで車種ごとの買取相場や年式による価値の変動、また中古車販売業者の実績なども確認できるようになっているので、効果的に活用することが大切です。

 

さらに、喫煙車の場合には査定を行う前に車内を掃除しておくことが大切です。煙草の臭いはなかなか消えないこと、また社内のほこりなども喫煙車の方が発生しやすい傾向に合うため、事前にしっかりと掃除しておくことが大切になります。

 

このように自動車の買取価格を決めるポイントは車種と年式と走行距離の他にもさまざまな要因が有ります。これらの中には厳密には余り大きな影響がない部分もありますが、業者によっては非常に神経質になっている業者も多いため注意が必要です。少しでも高く売却したい場合にはこれらのポイントを良く理解し、出来るだけ適正な処置を行うことが大切になります。

 

参考: